FC2ブログ
映画と海外ドラマ等感想

Queer as folk
ゆーちゅーぶさん観覧してて「○ueer As Folk」って「げい海外どらま」なんだこれ・と続けて観賞してったら・ぞわわわっと総毛だって・感動して泣いてしもた>< やば。 ジャスティンは自分的には嫌いな顔(おい)なんだけど。 ちゃんと作品観ろよ>< 
セックスマシーンの「プライアン30才」にそっと想いを寄せている幼馴染みのマイケルでもそのお陰で本気の恋愛が出来ない。それをマイケルの母親に咎められたブライアンは(本当は両想いっぽい)のにワザとこっぴどくマイケルを傷付ける事をして突き放します(泣)

 周囲の親友達にも「やっぱりお前は酷い奴」と罵られる。後でマイケルの母親だけには感謝されるけど・・・ツボ。その傍にそっと慰めるように寄り添ってくれる18才押し掛け女房ジャスティン♪
 
 ブライアンは、学校でも家族にさえもゲイとして居場所を無くしたジャスティンに「居る場所」を提供してあげてる保護者って感じで(まー代償はかなり貰ってるけどな><)
 ジャスティンの母親の息子がゲイだって事を理解するまでの葛藤が素晴らしいです。父親は暴力ふるってばかりだけど><
 
 それに、ブライアンたまには仕事関係でタイプじゃない奴にも仕方なく体を預けたりなんかして・・・もうプライアンむちゃくちゃツボの「いい奴」赤丸急上昇っ!! 自分好みの俺様!!

ようやくワンシーズンが見終わりますがな。勿論自分がヒアリング出来ている訳ではなく。ありがたい翻訳サイト様を盗みつつ拝見させて頂いているのですよ。これで少しはヒアリングが出来るようになればいいんだけど(笑)

 「悲劇の押し掛け女房ジャスティン」今までブライアンに振り向いてもらう為に良き理解者女友達黒人のダフネちゃんと様々な「作戦」を決行してきた彼ですが(素敵プログさんからの引用。【捨てた魚は大きかったぜ作戦】等(笑)・・・これもいわゆる【僕不幸のどん底、何とかしてぶらいあん作戦】とでも言いましょうか。

 でも彼は根本的に強い。精神的から言ったら「ジャスティン/プライアン」な場面が数多い。ブライアン精神ガキ言われてるしな(笑)

 学校では生徒にも教師にも蔑まされ、父親にも理解されず・それでもブライアンの愛さえあればっ♪ でもちょっと確定じゃない所がな><ブライアンも父ちゃん亡くしてそれどこじゃない。
 そんな中凄い確率の美大に受かる。素晴らしい。なのにそれを報告に言った家庭では両親が離婚。「自分のせいだ」とどどーんと落ち込む流石に打たれ強かったジャスティンもこれは辛い。
 あ、でも童貞じゃなくなりました(笑)良かったね♪
 でも叩き落とすかのように嫉妬⇒憎しみに変化してしまった男子生徒に・鉄柱で殴られ血だらけで死にそーです。かわいそう過ぎです>< S2に期待っ♪(え?)
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.