FC2ブログ
映画と海外ドラマ等感想

クリミナルマインド
S1 1話「シアトルの絞殺魔」

 とにかく面白い。過去の殺人の情報とかプロファイリングがギューっと詰まってて、人間的に大事な事とかギャグも織り交ぜて・・・んで一番大事なのは見終わり感がとってもいい♪ 


 以下ネタバレ

【連続殺人事件・女性をレイプ絞殺して投棄するという事件の被害者5人目の救出】


 ギデオンの引用した言葉集

ジョセフ・コンラッド曰く
【邪悪さとは超自然的なものから生まれるわけじゃなく、人間そのものに悪を行う力があるのだ】

エマソン曰く
【この世の全ては謎、そして謎を解く鍵は新たになる謎】

ウィストン・チャーチル曰く
【過去を振り返れば振り返るほど遠くの未来が見えてくるだろう】

ニーチェ曰く
【お前が深淵を覗き込む時、深淵もお前を覗き返している】

サミュエル・ベケット曰く
【失敗するなら巧くしくじれ】

オマケにモーガンの引用した言葉も♪
ヨーダ♪
【やってみるのではない。やるか、やらぬかだ】


☆アーロン、お子様が生まれたばかり。名前を付け兼ねてる。奥さんが「ギデオンは? ヘブライ語で完璧」アーロン「それだけはダメ」(笑)どうしても過去の犯罪者の名前が出てきちゃってなかなか決められないらしい。すっかり職業病><

☆過去爆弾犯エイドリアン・ベールに嵌められて同僚6人を殉職させてしまいPTSDになって休職していたギデオンが呼ばれる。査定するのはアーロン。

 この二人歴史が長そうで、とっても二人だけの時の視線の交し合いとか雰囲気がエロい♪

☆3つの博士号を持つヒョロヒョロのドクタースペンサー・リード君。23才。凄いな・・・って人から言われて「いえいえそれ程でも・・・一分間に2万ワード読めます・・・あ、やっぱり天才ですね」って自分で言ってしまうのが何ともかわいいっ♪頭は凄くいいけど行動は幼い。椅子でクルクルしてる様やエンピツの持ち方。恋愛にもすーーーっごく奥手な所とか♪ 

 とにかくプロファイリングが面白いっ♪ 面倒だから今後は書かないけど、最初ぐらいは。

 ○今回の連続殺人事件の指名不肖の被疑者は白人。20代後半。ぱっと見は目立たない。人ゴミに溶け込むタイプ。
 ○犯行の暴力性から逮捕歴のある者だろうが、軽い罪だろう。車両の窃盗とか。
 ○分類としては秩序型の殺人犯。几帳面な反社会性人格障害。だが、普通の生活を送り利口。その証拠に現場に見つけて欲しい手掛かりしか残してない。
 ○車は整備が行き届いている。恐らくスモークガラスのジープ。
 ○犯行はレイプがらみだが、自分を挿入するのではなく道具を使っている。つまり性的には不能。
 ○精神鑑定すれば妄想症の紀要歴が出るはずだ。
 ○原因は幼少時のトラウマ。両親か、兄弟を亡くしているだろう。
 ○犯人は抑圧感を抱いている。それを殺人で晴らしたがっている。
 ○秩序型の殺人犯は得てして司法組織に興味を抱く。捜査に必ず首を突っ込んでくる。目撃者として現れるかもしれない。警察がどこまで知っているか試し、自分の力を確認する為に。
 ○犯人は既に事情徴収を受けているだろう。

 ってな感じ。

☆エルは性犯罪専門課。BAU(行動分析課)に異動したがっている。でも調査では彼女はせっかちな所が短所らしい。

☆ギデオンは犯罪関係の本を出版してる。「多重人格などない」

☆病院以外での心肺蘇生成功率は7パーセント。ギデオンは自分のせいで犠牲になった同僚の肋骨が折れるまで続けたらしい。

☆パソコン天才の女性ガルシア♪ 彼女がこの話のムードメーカーかな。どんな悲惨な事件でも常に楽しいっ♪ 必ず受け答えする中には自分を賛美する言葉を入れ込む。モーガンとの受け答えが特に面白い。たまに堅物のアーロンやギデオン、お子様のリードにもカマをかけるけど、だいたい無視される。それでも全くめげない。とっても態度がデカいけどおちゃめで楽しい女性。

☆犯人が女性を殺そうとした時、ギデオンは犯人をわざと怒らせるような事(短小とか)を言って自分を撃たせる。無謀ではあったが、女性を救出できたことで復帰するギデオン。

 もう一つの事件が最後に。ギデオンの過去の話。たまたま立ち寄ったガソリンスタンドの主人が、ギデオンの記憶の中にあるプロファイリングの犯人と当て嵌まった。その態度を犯人に気付かれてショットガンを突きつけられる。ギデオンはこの後どうやって彼を逮捕したのか・・・で次回へ。

 とにかく面白いよーっ♪ 

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.