FC2ブログ
映画と海外ドラマ等感想

NCIS ネイビー犯罪捜査班 S2
S2 6話「裏切りの代償」


 面白かったっ♪ 事件としてもいろんな意味でもっ♪ 


 以下ネタバレ

 爆撃機訓練の爆撃目的地の車の中で、ミイラと共に拘束されていた人物がいた。必死で逃げ出したが、爆撃を受けて死亡してしまう。

 NCISのメンバー達は格闘訓練っ♪ 柔軟体操をしているケイトを見たマクギー、ケイトにこてんぱんにやられて報復される。
 それでも一応マクギー、レスリングの経験者らしいっ♪ でもケイトは大統領護衛経験者。最後にはタマを蹴られて撃沈。ケイトには3人の兄貴がいるらしい。

 そしてギブスはトニーとボクシング。トニー一応ボクシングの筋はいいらしいっ♪ いい気になって踊るようにギブスを挑発するトニー。「マリーンでは?」ギブス「ボクシングは習わない」トニー「残念っ」 でも次の瞬間には体術を駆使されて倒され、首を押さえ付けられる。やっぱりボスにはかなわなーいっ♪ 
 ギブス最後にトニーの頬をペチペチ・・・って♪

 爆撃訓練場で人が死亡した現場に行くと、思い切り現場が荒らされていた。素人達がくず鉄拾いをしているらしい。ここには不発弾などいっぱいあるという。
 
 捜査隊のデルーカ、態度がでかい。「これ以上身勝手に歩き回って死人を増やさないでくれよっ」と言って地に唾を吐く男に、ギブス静かにキレてる(笑) 「私の靴に唾を吐くまで返さんっ」トニー「殴るまで?」ギブス「撃つまでだ」怖><

 でも結構この捜査隊のデルーカさん、単なる口先だけの人じゃない。ちゃんと不発弾があった場所から埋められていた証拠品の骨も持ち帰ってくる。見直すギブス。

 最近のマクギーへのケイトとトニーの苛めが酷い。愛のムチらしいけど(笑)

 だが死亡していた人物は、イタリアの高級靴を履いていてくず鉄拾いなんかするはずはないとトニーが気付く。

 現場の危険地域に足を踏み入れていくギブス。近くに拘束していたらしい紐と車の中にミイラを発見した。ギブス「これでも事故か?」愕然とするデルーカ。

 ハーパー君の天然さ加減に、ダッキーまで「たまにひっぱたきたくなる」(笑)ギブス「いつもだ」 ダッキー「君のは後頭部だろう?」 ギブス「顔を叩かれるのは屈辱的だ」一応トニーにも配慮してくれてるって事っすか。

 爆撃で死亡した人物は死ぬ前に暴行を受けている事が分かった。ミイラの方はもう半年前のものだという。
 犯人は日常的に爆撃訓練上に死体を捨てているらしい。

 アビーが死亡した人の指紋を照合しようとすると、ハッカーが入り込んできた。慌てるアビーとマクギーが何とか通信を遮断しようとすると、いきなりブチン。やったのはギブス。電源を抜いていた(笑)
 
 トニーが食べかけのサンドイッチを、マクギーに「食べるか?」と聞いたらマクギー「ありがとう」と素直にパクリ。愕然とするトニー。薦めておいて本当に食べるとは思わなかったもよう。その後トニーは食べれなくて・・・捨ててしまう。 
 以前トニーが食べていた中華料理をギブスが取り上げて食べて・・・その残りをトニー食べたもんな♪
 ボスとの間接キッスはいいけど・・・マクギーとは嫌なのか?(笑)

 あそこまで出来るのはかなり世界的に大きなコンピューターじゃないと出来ないという。
 アビーパソコンにワナをしかけて、相手のハッカーを確認する。 その相手に愕然とするアビーとマクギー。

 その相手はFBIだった。それもボスのフォーネル。
 
 なんと爆撃場で死亡したのはマフィアに潜入していたFBIの捜査官だった。 やり口的にも犯人は東部のマフィアらしい。

 そこでフォーマルがギブスと二人で話したいと申し出る。ギブスはいつものエレベーター途中の秘密会議室へ(笑)
 残されたフォーネルの部下のチャールズに、態度が冷たいケイトとトニー。

 どうやらマフィアに通じている裏切り者がFBI内部にいるらしい。フォーネルの協力者が次々暗殺されている。そして今一番疑われているのが、何とフォーネル自身だという。ワナに嵌められたのだ。
 フォーネル「寂しい事だが、友人は君しかいない」ギブス「ボケたか?」(笑)
 内部調査官に連れられていくフォーネル。

 本部でマフィアのジミーとその息子リッキーの衛星盗撮画面を見る。だが彼等はそこに手を振ってくる。バレているのだ。

 そのマフィアの一員の一人に、トニーが「誰かに似てる」というと、それにチャールズ「ゴットファーザー」の一場面を演じ始める。トニーも合わせて二人で台詞の言い合い。結構いいコンビ。ギブス「終わったか?」(笑)

 ギブス投獄されているフォーネルの元へ。こうなったのはギブスにアリを会わせ、ギブスがアリを撃った報復だという。
 フォーネル「もう終わりだ」 ギブス「何とかする。俺のやり方で」

 焼死体はフランクという。5年前にジミーの裁判をする際に証言するはずだった人物らしい。

 撃たれたのはだいぶ前。それから血抜きをして冷凍保存し、今になって訓練場に遺棄したらしい。

 チャールズにマフィアの事を調べろと言うギブスに「見付かればクビだ」ギブス「用心しろよ」(笑)

 現場に埋められていた骨は18年も前のものだという。

 ボクシングの試合は、ギブスが不機嫌にならないようにワザと負けてやったんだと告げるトニー。背後からギブス。「・・・だろうな・・・」 殴られるのを覚悟を決めるトニーにギブス「私だってジョークは言う」 怪訝そうにもホッとするトニー。

 だけどアビーから結果を全て聞き終わると、不意打ちでトニーの頭をバコーンっと殴るギブス「油断大敵だ」(笑)
 トニーは痛がるままに隣にいたマクギーの後頭部を殴る。マクギー「なんでっ!!」トニー「僕のパンを食べたからだっ!!」(笑)

 昔ジミーが裁判前に採取したDNAを入手する事が出来ると告げる。そのマクギーの案をギブスにトニーは自分の手柄として報告するが、ギブスを騙せるわけがない。誉められるマクギー。
 入手しに行くトニーとケイト。柄の悪い夫婦を演じてる。あまりにも似合い過ぎてて笑えるーっ♪ 

  チャールズが昔の新聞をギブスに報告にくる。そこにはフォーネルとマフィアジミーの癒着の証拠写真が。
 
 務所でフォーネルが首吊り自殺してしまう。

 ケイト達が盗んできたDNAと死亡した潜入捜査員の頬に付着していた血が一致した。犯人は息子のリッチーだ。

 ジミーとリッチーが乗る車をパトカーで捕える。

 殺人容疑でリッチーを逮捕するというギブスに、余裕の態度のジミー。弁護士の力ですぐに出してやるという。フォーネルの事を蔑んで笑うジミーに、クビを抑え付けるギブス。
「FBIのスパイをつれてこい。じゃないと・・・リッチーは殺す」 かっこいーっ♪ 

 取引をするギブス。ジミーは「お前の家族を殺してから最後にお前を殺してやる」ギブス「生憎家族はいない。離婚した3人の妻ならいるが、俺から住所を教えてやる」(笑)

 取引現場に行こうとするギブスに、一斉に立ちあがる3人の部下。一人だけ連れていくというギブスに、トニーとケイト、マクギーがみんな僕が僕がの言い合い。
 だがギブスはFBIのチャールズを連れていくという。
 スパイがFBIの仲間がわかるようにする為だという。

 現場に息子のリッチーを連れてチャールズと向かうギブス。だが相手のジミーが連れてきたのは部下の一人。だがすぐに息子のリッチーに爆弾を首に掛けていく。
「スパイの名を上げろ」というキブスに、ジミーの視線がチャールズに向けられた。
ギブス「やはりな・・・」 チャールズは慌てるが、その途端に頭を射殺されて死亡する。

 父親に助けを求めるリッチーだが、分が悪いと踏んだジミーは「刑務所で少し勉強をしてこい」 見放した。

 マクギーはチャールズがスパイだったと見抜けなかった。トニーとケイトは最初から知っていたという。 だがそこにギブス、自殺したはずのフォーネルと共にやってくる。
 愕然としてしまう3人。
 結局いつものギブスの得意なハッタリだったのだ(笑) 

 濃厚なお話で面白かったっ♪ 

   
スポンサーサイト



Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.