映画と海外ドラマ等感想

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50/50
とにかく病ものとか病院ものは嫌いな自分。どーしても素直に見れなくてね><


以下激しいネタバレ
 ジョセフ(アダム・ラーナー)がガン末期の告知を受けた。

 告知を受けた途端にガラリと周囲の見方、関わり方が変わってしまう。

 介護してくれていた恋人には浮気された挙句逃げられ。周囲の人間からの目も変化してしまう。

 その中で、厚かましい程態度を変えない親友のカイル(セス・ローゲン) 自分の事しか考えてない身勝手女タラシ野郎のレッテルを張られる中、彼の自宅にあったのはガン患者との接し方の分厚い本。感動を誘う。

 いろいろな民間療法や、病院からの対応。接し方。そして同じ病の仲間達との交流。別れ。

 ヒューマンドラマとしてハートフルな内容だと思う。

 でもやっぱり自分はダメだな・・・

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。