FC2ブログ
映画と海外ドラマ等感想

ミックス・ナッツ/イヴに逢えたら
 WATのボス、アンソニー・ラパリアさん出演!
 主演はスティーヴ・マーティンのホームコメディドラマ。
以下激しいネタバレ





 WATのボス、ジャックが若いーーーっ!! 細いっ!!(笑)1994年の作品。
 ずーーーっとサンタの格好をしたままなのが笑える!!


 んでびっくりしたのは、ジュリエット・ルイスが変わらないこと。
女優さんってどうしてこんなに変わらないんだ><



 「命の電話」というお悩み電話相談室みたいな事をしている3人。

 フィリップ(スティーヴ・マーティン)を筆頭に、年配女性のマンチニク(マデリン・カーン)不器用で引っ込み思案のキャサリン(リタ・ウィルソン)

  イヴにも悩みを抱えた人々から電話が掛かってくる。ただのひやかしや、エロ電話、そして本当にその場で自殺してしまう人も><

 そんな悩みを聞いている彼らのイヴはというと、地味なもの。今事務所にしている場所を、大家のスタンリーの一存で退去させられることに。

 それを従業員2人に告げられないフィリップだったが、バレて未亡人のマンチニクは怒り心頭。さっさと帰宅しようとするが、エレベーターに閉じ込められてしまう。

 フィリップとキャサリンはお互いに気になっているものの、フィリップはまだ別れたスーザンの事を引き摺っていた。

 キャサリンの友人、グレイス(ジュリエット・ルイス)は妊娠している。その恋人のフィリックス(アンソニー・ラパリア)は壁画師だが、仕事をしようとしない。キレたグレイスがとうとう別れ話を持ちかけ、キャサリンの元に逃げ出してくる。それを追うフィリックス。

 さらに電話相談で、オカマのクリスが大家族に「シュワちゃん」呼ばわりされて居場所がなく、事務所に押しかけてくる。

 その他にも、同じマンション内の住人、作家で作曲家のルイ(アダム・サンドラー) 彼はキャサリンに思いを寄せている。

 同じく同じマンションの住人で犬を飼っている修理士のロベルさん。そして獣医のドクターキンスキー。

 このメンバーがイブにドタバタを繰り広げるホームハートフルコメディ。


 みんな巷で騒がれている「海辺の殺人鬼」に怯えて生活していた。だが、そんな遠い世間のことよりも、目の前の事に手いっぱいの住人達。

  バタバタとしたコメディながら、その中でも自分が好きなのは、押しかけてきたオカマのクリスが、フィリップと踊った後もずっと踊り続けてる姿♪ ルイとの今後の恋の進展が楽しみw

 そして、主役を押しのけて、1番ロマンチストだったカップルはフィリックスとグレイスの2人。銃まで持ち出してバタバタするものの、最期はまるでキリストの誕生のような大団円。

 スタンリーのツリーは相当ブラックだけど、おおいに笑った!!

 
  
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

【コメディらしいコメディ】
ラブコメでもなく、ただ騒がしいだけのどたばたコメディでもなく、下品や色気が売りのコメディでもなく。
懐かしい感じのホッとできるコメディって、いいですよね!
みんなが並んで座っているときの雰囲気も、凄く良くて好きなワンシーン。
哀生龍 | URL | 2012/01/20/Fri 21:39 [編集]
ハートフル
 哀生龍さんっ♪

 アメリカコメディでよくあるようなバタバタと面白いのか良く分からないギャグだけで終わる話ではなかったですね。
 1人1人の個性が光ってましたし、無理がない。起承転結もあり、サスペンス要素もしっかり入っていました。最後の皆が一段落ついて並んでいる姿は本当に和みました♪ 
 クリスとルイはかわいいカップルになりそうですよねw
jan | URL | 2012/01/21/Sat 00:44 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

ミックス・ナッツ/イブに逢えたら
クリスマス・イブ。 海辺の町で“命の電話”の事務所を開設しているフェリックス(スティーブ・マーティン)にとっては、最悪のイブだった。 事務所の入っている古いアパートは、立て直して高級マンションにするため大家スタンリー(ギャリー・シャンドリング)から退去勧… [続きを読む]
I am invincible ! 2012/01/20/Fri 21:24
Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.