FC2ブログ
映画と海外ドラマ等感想

NCIS:LA
11話っ♪


 以下ネタバレ



 今日のヘティはカレンに何かと突っかかる。
 指揮官として叩きなおすつもりか?

 ストリッパーカティアをナンパしようとしたM・レニー。突っ込んできた車からカティアを守って死亡。

 突っ込んできた運転手も死亡していたが、IDはなし。身元不明だったが、後からデング・オヤットだと分かる。
 彼は年配の男と一緒だった。周囲に聞いてもそれが誰だか分からない。

 調査の結果、過激派のテロ集団のサファーだと分かる。サファーはデングを使ってカティアを殺させようとしていた。店のオーナーダラスはサファーが店で禁忌を犯した映像で彼をゆすっていたのだ。これから聖戦を始めようとする彼には痛いイメージダウンになる。

 今回カレン、カティアには最初からちょっと態度が硬い気がした。裏があるってもう見抜いてたのかな。

 突っ込んできた車には、密輸・人身売買人のセサル・チチ・バルガスの指紋が付いていたが、彼は2週間前に殺され、自宅の冷蔵庫に詰められていた。

 ネイトはもう長い間休暇を取っていないらしい。来週月曜日から一週間ヘティに強制的に休暇を取らされる。
 あまりに強引だと思ったら、彼女の旧友、イギリスの諜報部員だった人が仕事1本やりで孤独死したせいだった。

 今回はサムの過去がちょっと出てくる。スーダンからモーという少年を連れ帰って面倒を見ていた。だが、彼の父親は犯罪者で、サムが殺していた事を言っていなかった。
 その事実をサファーにバラされ、モーはサムの元を去る。
 傷心のサムと2人で走りに行ってあげるカレン。

 今回カレンはストリッパーの客として潜入。ベッドシーン間際までこなして・・・機転をきかせて従業員になったりしたけど・・・結局バレて格闘。その場では逮捕したものの、ダラスが扱っている顧客には上院議員やら、軍の上層部がいたりと、圧力がかかり、釈放になってしまう。

 悔しいけど、その証拠品等を全てCIAに手渡しただげでもまぁよしとする?!

 
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.