映画と海外ドラマ等感想

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイ・フランケンシュタイン
アイ・フランケンシュタイン:ガーゴイルの認識を改めた作品。この作中だと天使のように扱われてる。変身して飛び回るシーンは美麗。フランケンシュタイン取り合って敵対してるのも悪魔だし。敵粉砕シーンは「ブレイド」だった。「チャック」のサラが出てた♪ 彼女なら闘えるから安心して見れた(違) ビル・ナイがいい味出してた!
スポンサーサイト

ドラキュラZERO
ドラキュラZERO:2014年ルーク・エヴァンス主演。ヴラド伯爵の新解釈映画。CGでコオモリと共に飛ぶシーンはなかなか迫力。無敵なようでいていろいろ定番弱点があるのもダークヒーロー的にいいのかもね。折角作った軍団と共に生きるって選択肢もあったらよかったな。

ミラクル・ニール
ミラクル・ニール:2015年サイモン・ペック主演。何気に見たら結構面白かったけど、そこまで出来るならもっとやりようがあるだろうっとちょっとイラついたw まぁドタバタコメディだからそれも計算のうちだろうけど。わんこかわいかった♪

ボイス・フロム・ザ・ダークネス
ボイス・フロム・ザ・ダークネス:2017米伊。ものすごおくスローテンポな映画だけども、古城と坊やの雰囲気だけで見続けられた。映画館だったら寝てたかもだが><; まぁ彼女は多分そうだろうなとは思ってたけど。でも最後ちょっと分かり辛かった。身代わりなのか、憑依なのか。

リベンジ・ファイト 相棒は天才ハッカー?!
リベンジ・ファイト 相棒は天才ハッカー?!:メキシコ版ミッドナイト・ランかな。冒頭はB級感半端ないんだけどw 悪者が個性豊かで愛嬌がある人達ばかり。内容もコミカルな部分も多くて飽きずに見れた。バディもの好きだから贔屓目で見ちゃうけど面白かった!

ジュピター20XX
ジュピター20XX:2012年米。宇宙好きにはイイ映画なのでは。リアルだし。まぁ途中事故って壊れてく乗組員の姿は苦痛だろうけど>< 世界からのビデオレターと諦めない精神と最期の決意に全て報われたかな。金星は綺麗だったけど、どうせならジュピター見たかった>< 日本はスポンサーか?

EXO
EXO:ノーマンのAIRみたいな感じ。視聴者も当人が狂ってんだか、この世界自体が嘘なのかって考えさせられつつ・・・で結末はオチ的にあっという間。やはり人間定期的に同じことを繰り返すのはどんなに栄養も運動も足りていても脳には良くないって事かな。ドクかわいかった♪

マイティ・ソー ラグナロク
マイティ・ソー ラグナロク:全体的にガーディアンズ・オブ・ギャラクシーになってたw 前作までの伏線も盛りだくさんで最初から最後までよく笑えた。単純に面白かった!

ジャスティスリーグ
ジャスティスリーグ:前情報何も見ずに見たのでフラッシュの俳優さんがドラマとは別でびっくりしたw スーパーマンが最初からいれば何の問題もなかっ・・・以下自粛。ついついアベンジャーズと比べてしまうねw 総合的に見て面白かった♪ バットマンライトを息子が知らなかった事にもびっくりしたw

ブラック・バタフライ
ブラック・バタフライ:・・・とにかくバンデラスとジョナサンが共演してるのが見れて嬉しかったマル。ほ、他に言えることはー・・・情けない演技のバンデラスに笑わせてもらえた! ぐらいかな。

ジュラシック・ワールド
ジュラシック・ワールド:恐竜を楽しむというよりも、経営陣のバカさ加減にイラつく。ただのパニック映画? 呑気なこといってたけど死人も出てるんだから責任問われるのは当然だよね? 唯一わんこのようなラプトルがよかったな~♪ バイオハザード(ダムネーション)思い出したw

クリミナル(2つの記憶を持つ男)
クリミナル(2人の記憶を持つ男):2016年主演ケビン・コスナー。これが正当化されたら誰でも別人になれるって事で怖い。彼の過去作「パーフェクト・ワールド」みたい。ライアン・レイノルズも出てた。ゲイリー・オールドマンも出てるけどあまりイイ役じゃないな。総合的に見て面白かったけどね。

シャドウハンター
シャドウハンター:2013米独加:何気に見たけど結構面白かった! 妖魔と闘うハンター達の話。魔法やクリスタルな剣、人狼、吸血鬼が出る世界。ジョナサン・リース・マイヤーズも久々に見た♪ サイモンの補足がなかったのが残念。ゲーム系な世界だからだろうけど、久々に熱中して見た映画だったw

ザ・ラストキング
ザ・ラストキング:2016年ノルウェー映画。何はともあれホーコン王子役の赤ちゃんが愛くるしくて何度もふにゃーってなったw 周囲は大変なんだけどね。継承をかけて暗殺者から狙われるから、周囲の勇者等が命を懸けて守った実際のお話だそうで。雪山スキーのスピード感、迫力、爽快感があったな。

カリフォルニア・ゾンビ逃避行
カリフォルニア・ゾンビ逃避行:あちこちのTVでお目見えする方々が出ていた。その中でもモダンファミリーのヘイリー、酷い役だったな。なんだろう。なかなかいい作品だと思うし、カメラアングルとかもいいんだけど、コメディになり切れない中途半端さ加減がテンポを悪くしてるのかな。
Copyright © 観たよっ♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。